浮気で離婚できる?離婚や慰謝料請求に必要な証拠集めは探偵依頼しよう
浮気と離婚

婦間にはパートナー以外の異性と浮気や不倫をしてはいけないと言う法律上の義務が課せられています。

そのためパートナーが浮気をした場合、婦間の話し合いで離婚できなければ、裁判で離婚することが可能です。

しかしパートナーの浮気の証拠を複数突きつけなければ、浮気があったと認められないので、離婚や慰謝料請求が難しくなります。

今回はパートナーの浮気で離婚はできるのか?慰謝料請求や浮気の証拠集めについて解説していきます。

 

パートナーの浮気で離婚はできる?

先に結論を言うと、パートナーの浮気で離婚することは可能です。

婦は配偶者以外の異性と性的関係を持たない義務をお互いに相手に負っており、これを「貞操(守操)義務」と言います。

法律上では不貞行為と呼ばれる浮気は、婦関係を維持することが難しくなる原因と認められているので、裁判で離婚請求できる離婚原因に該当します。

パートナーの浮気による離婚方法は、協議離婚と呼ばれる婦間の話し合いによる離婚と、裁判による離婚の2つの方法があります。

協議離婚では離婚の理由による制限を受けませんが、裁判では浮気の証拠を提示することで、浮気をした配偶者(有責配偶者)との離婚が可能です。

この浮気の証拠として認められる証拠は、LINEやメールのスクショなど改変が可能の証拠は認められないので、プロの探偵依頼して張り込みや尾行・GPS調査による証拠集めが求められます。

浮気で離婚する場合パートナーから慰謝料を請求できるの?

性格の不一致などでは離婚によってパートナーに慰謝料を請求することはできませんが、浮気では慰謝料を請求することができます。

離婚にかかる慰謝料の額は、婚姻期間や子供の有無、双方の経済収入、離婚原因の内容などを配慮して決められますが、おおよそ200〜300万円が相場です。

収入が高い有責配偶者の場合は慰謝料額が高くなり、収入が低い有責配偶者の場合は慰謝料額が低くなり、全く支払われない場合もあります。

また持ち家がある場合は、慰謝料の支払いに住宅の譲渡が行われることも多く、住宅の所有権など全てを相手に渡すことで慰謝料の支払いとする場合があります。

浮気の証拠を集めるならEDITHにご相談ください

裁判による離婚や慰謝料請求では、有責配偶者の浮気の証拠を複数集める必要があります。

ご自身で浮気の証拠を集めるために、パートナーのスマホに無断でGPSアプリをインストールしたり、尾行や張り込みを行うと法律や条例に抵触してしまい、不利になってしまう場合があります。

そのため浮気の証拠集めはプロの探偵依頼した方がいいでしょう。

私たち総合探偵社EDITHは、福岡県北九州市にオフィスを構える探偵事務所です。

成功報酬型なので、万が一証拠が掴めなかった場合は調査費用の支払いは一切ございません。

24時間いつでもお問い合わせいただけるので、気軽にご相談ください。

Access

黒崎駅より車で4分の場所にあり徹底した秘密厳守でご相談を承っています

概要

事務所名 総合探偵社EDITH
住所 福岡県北九州市八幡西区西神原町3-9
電話番号 0120-695-627
営業時間 24時間
定休日 年中無休
最寄り 黒崎駅より車4分

アクセス

安心してご相談いただける明瞭な低料金に設定し、成功報酬型の調査を承っています。ご依頼者様のお悩みやご不安をじっくりお伺いし、問題の解決に必要な調査方法や調査範囲などを計画した上でお見積もりいたします。黒崎駅より車で4分の場所に事務所を構えており、北九州を中心に気軽にご相談いただけます。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事